つなめ日記帳

Twitterに慣れすぎて長文が書けなくなってきたので、長い文章を書く練習します。

実入りのある今週

今週は結構やいたいこととかやらないといけないことできたなという印象。

ヘッダーレスchrome使ってスクレイピングしたいものはできたし、あとはその後の処理とかその後の流れを考えようというところ。

別件は取り掛かり中だけど、そんなにしんどくはないかな?という感じ。ただこれは見通し立たないので、このあとも楽だといいな…という具合です。

 

ブログを書こうと思ったけどあんまり具体的に書けることないからこれ以上書けないな~ブログじゃなくてよかったのでは?!と思ったので、最近読みたいなと思っている本でも紹介して終わりにしたいと思います。

こないだ本屋でデザイン関係の本を少し読んだんですよね。この本買おうかなと思っていたんですが、紙の本を増やしすぎると収納が大変なので、これからは電子書籍を買っていきたい…。

DMMブックス70%オフのセールのときにお世話になったので電子書籍はDMMブックスで購入したいのですが、欲しい本を取り扱っていなかった…。悲しい…。

 

www.amazon.co.jp

パラパラっと読んだんですが、あるあるなデザインの型(と言っていいのかな?)がいくつかあって、それの具体例が並んでる本だった。

応用が苦手な人間なので、型を知ってもその後の具体例で「これをこう工夫するのか~!」ってちょっとびっくりした。

やたら寝られない理由はなんとなくわかる

5月くらいから割と寝られない日が続いている。寝られない理由はなんとなくわかる。

ひどい肩こりとか暑くなってきたからとかもあるとは思うんですが、多分一番の理由は実家の家族(主に親と妹のこと)だと思うんですよね。

 

妹が確か半年くらい前に結婚したんですが、5月くらいに妊娠したって報告もらったんですよね。別にそれ自体はめでたいことなんですが、ちょっともやってしまって素直にお祝いできないんですよね…。

なぜこんな気持ちになってしまっているかを時系列順に書いていきますね。

私は結婚して3年位経つんですが、結婚して2年位の時に妹から「お母さんが『お姉ちゃん、まだ子供できないのかしら…でもこういうことは本人たち次第だから言っちゃ駄目なんだろうね』って言ってたよ」と聞いたんですよね。私は母親のことがあまり好きではないので、これを聞いた時は「本当に気が合わないな、やっぱり母親のこと嫌いだな」と思っただけだったんですよね。

んで、今年の5月くらい。妹から妊娠報告のLINEが来る。ご時世柄もあるし、妹はうつ病で入院していたこともあるので、妊娠してメンタルが不安定になったりするかもしれないと思ってかなり心配してたんですよね。とはいえ妹からLINEが来たら気遣って丁寧に返信するというくらいだったんですが。(※私は筆不精すぎ、妹はどうでもいいことでも連絡してくるタイプ。普段は返信の必要のないLINEは無視している。)

丁寧に返信をしていたら、細かく子供のことを送ってきてくれた。だんだん返信が面倒になってきたとき、実家では「あいつは姉のくせに子供産むのは妹が先なんだな」と思われているんだろうなと思い至ってしまった。

こう思ってしまったら、実家の親たちに連絡ができなくなってしまった。母親にはそんなに連絡したいとは思わないのだが、高齢の祖母やけっこう大変な病気にかかってしまった父親には連絡したいなと思うんですけどね。子供のことを言われると思うとめちゃくちゃ憂鬱で、電話したくなくなってしまうんですよね。ご時世柄実家に帰ることがかなり難しいので電話くらいせめてとは思うんですが、子供のことを考えると憂鬱で電話できないでいる。こんなつまらない意地(?)で電話しないでいたら後悔する可能性もある。自分のことが嫌になってるんですが、その中でまた一つ気づいたことがあった。

私がこんな気持ちになってるのって、「母親が子供について気にしていること」を知ってしまったからなんですよね。(※まあこれを聞いていなかったとしても「姉のくせに~」という思考に至ったような気がしないでもないんですが…。)

これに関しては母親に対して嫌な気持ちになっていたんですが、よく考えればこれ妹が私に言わなかったらよかったんですよね。母親は一応気遣って私に言ってこなかったわけですし。妹に対してめちゃくちゃ嫌な気持ちになってるんですが、これで妹に直接怒っても妹と子供に悪影響を与えてしまうかもしれないし、そもそも妊娠したことは喜ばしいことで、私がこんなに嫌な気持ちになってるほうがおかしい。被害妄想の可能性が非常に高い。でもどうしようもない。

これ誰にも相談できないしどうしようもなくてずっともやもやしてたんですよね。しかも今の私の生活は、いじめられていた学生時代とかパワハラ受けてた会社員時代よりも格段にストレスフリーである。こんなことで悩んでいるなんて贅沢極まりないのだ。それこそ時期もあるし、時期に関しての話はちゃんと旦那と話しているし、競争するようなことでもないし、こんな気持は旦那にも言えない。こういうこと友達にも相談できないですね。誰にも相談できないけど吐き出さずにはいられなかったのでブログに書いた次第です。書いたらちょっとスッキリしたような気がします。最近寝られない日は5時位まで寝られなかったんですが、ちょっと眠くなってきたので3時位には寝られそうだな。

ずっと日記サボってました(日記の内容はだいたいTRPGの話)

タイトルのとおりだし見てる人もいないでしょうが、日記をサボってました。

 

最近やってたことややりたいな~と思っていることを備忘録がてら書いていく。とはいえ私は自分で書いた日記をほとんど見返さないタイプなので通常の人間の半分くらいしか効果がないと思われる。見返さないにしても書くという行為をした時点である程度記憶に残りやすくはなるため、自分が見返さないとしても書きますよ。

 

ココフォリアを使ってTRPGをやったとき、セッション中で使われてたBGMいいな~~とか思うことあるんですよね。でもあとで確認しようにも、PLはその時に流れているBGMのタイトルしか見れないので、セッションの途中とかで流れていたBGMだとKPに直接聞いて確認するしかないんですよね。(※良いなと思った瞬間にBGM名を確認して控えるという手があるが、セッション中は割とセッションでいっぱいいっぱいなので確認できたことがない。)

というわけで、カスタムcssを使って画面上に常にBGM名を出せるようにしておき、それをOBSの画面上に映しておくという手法を考えつきました。

一応常に曲名が出せるところまではやりました。曲名の表示位置が非常に不安定なので、そこを整えるのが今後の課題です。今の所これに関しては調べて頑張ったら色々なんとかできそう、と思ってます。

 

探索者まとめサイトの作成

身内用に探索者まとめサイトを作りたいなと思いつつ、腰が上がらない状態でした。

デザインから考えてたんですが、最近になってデザインより機能面をしっかり作って便利にするのが大事だなと気づきました。だって自探索者だけでも20人以上いる人がざらにいるんだもん。

そうなってくるとなるべく簡単にいあきゃらからデータ引っ張ってこれたほうがいいんだよな~と思ったんですよね。

ただいあきゃらからデータ引っ張ってくるのもできない、というか私の今の知識ではさっぱりわからないし、そもそもサーバに負荷かけるの良くないなと…。何か良い方法ないでしょうかね…。

 

あとはTRPGを初めてやる人にちょこちょこシナリオ回してて毎回いろんなチュートリアルを口頭のみでするの手間かかるな~と思ってたんで、初めてPLやる人に向けたココフォリアのコマの出し入れとか、チャットパレットの使い方とかの説明画像を作ろうかなと思ってます。これはやんわり着手して放置中。

 

 

 

 

昔私がいじめられていたという経験は今の私にとって悪くない出来事だったと言えるのだろうか?

答えは「いいえ」だ。いじめられてよかったって言えるわけねーだろバーカ!といいたい気持ちになることが多い。

いじめられたことで我慢強くなったとか見返してやろうと頑張れたとか、多分その人が元々持っていた強みなんじゃないかと思うんですよね。いじめられたことを何故か自分の中で正当化しようとして「いじめられたことで~」って言っちゃうパターンもあるのかな?と思います。実際に自分もいじめられてなかったらもう少し勉強ができなかったかもなと思わないこともないです。

でもよく考えたらそんなことないわ。勉強はいじめられてても「見返してやろう」と思って頑張ったわけじゃなくて母親が厳しかったからというのと遺伝で元々ある程度頭が良かったであろうことが関わってそこそこ勉強できたんだと思います。いじめられてても頑張ってなかったし、いじめられてなくても同じくらいできただろうなと思います。

多感な時期をいじめで感情めちゃくちゃにされて、性格に影響が出ないわけないんだよな。悪い方に。何がどう悪影響だったかと具体的に言えないのですが…。

 

あぁ、無性にやる気がないからダラダラと愚痴を書きたいんだろうな、今の私は。どうせ誰も見てないので好き勝手書きましょう。

中学生のころいじめられていて学校に行きたくなかった。めちゃくちゃ危害を加えられるひどいいじめではなかったが、聞こえるように陰口を言ってきたりすれ違いざまに殴ってくる人はいた。友だちはいない。田舎で1クラスしかなく、学校をサボるにもサボれるような場所がなかった。いじめられていることはなぜかバレたくなくて誰にも言ってなかった。おそらく保護者経由で母親に私がいじめられていることがバレたのだが、学校を休ませてもらえることはなかった。「いじめられているのか、誰にいじめられているんだ」ときつい口調で聞かれたときは辛かったけど「これで学校休ませてもらえる」と少し安心していた。しかし次の日の朝起きたら「学校行くでしょ」と言われた。誰も味方はいないなと思った。(余談だがこの件の2年ほど前に妹の担任がヒステリックな先生で妹が学校行くのを嫌がったときには1週間の休みを許可されていた。)家にも学校にも助けてくれる人はいないなと思った。おとなになって思えば助けられることを待つだけの自分も悪かったのだが、母親はもう少し人の心を持ってほしかったし私と性格が合わないからといって流石に私の気持ちを理解しなさすぎ、しかも私がいじめられていたことは6年後くらいにはすっかり忘れていた。幻滅した。こんな親にはなりたくないなと常々思う。実家に帰ると地元の同級生の話になることが多い。本当に本当に聞くのが嫌だ。中学を卒業して以降悪くない関係性の同級生はいるが、その人達以外は全員できるだけ不幸になってほしいし私の知らないうちに消えてほしい。

こういうことを定期的に思い出して鬱々とした気分になってしまうっていうのは、間違いなく人間としてマイナスだと思う。こういう気持ちにならずに生きたいものである。殴った方の手も痛い理論でいくといじめていた方もたまに思い出して公開しているのかもしれないが、当時ですら些細なことと思ってないだろうから思い出すこともないだろう。いじめた方は全然覚えてないって言いますからね。

 

非常に嫌な気分だな。いっそ記憶がなくなったらいいんですけど。

いや、記憶がなくなっても家族は変わらないからな。この問題だけは残るのか。

happy だけ摂取したい

日記を書きたい気分のときにこんにちは、私です。

 

まぁ3年くらい前もそうだったような気がするんですが、嫌なことがあると睡眠リズムがめちゃくちゃ狂いますね。眠気があっても寝ようと思ってじっとしてると嫌なことを思い出したり考えてしまって眠れなくなる。3年前と違うのは、今はバリバリ働いてないので日中眠くなってもそれなりに大丈夫ということ。そのせいで眠れない日は自然に眠れるようになるまでは逆らわないようにしようと思って夜ふかししちゃうんですよね。そうすると朝まで起きてることになったりするわけです。

自分が落ち込みやすい性格なのがよくないということもあるのですが、人に相談しづらい「もにょる」出来事があり、最近落ち込みがちです。実家のことなんですが。親や兄弟と性格が合わないなぁとつくづく感じます。

妹が妊娠したらしく、その報告を細々としてくる。私が結婚して1年くらい経ったときに「母親が『つなめはまだ子供ができないのか、でもこんなこと言ったらダメだよね、そういうのは2人の問題だから』と気にしてたよ」と妹から聞いたことがあるんですよね。私は元々母親のことをあまりよく思ってないので、これを聞いたときは「直接言われてないけどやっぱりそういうこと思ってたんだ、嫌だな」と思ったんですよね。しかし今思えば妹もわざわざこんなこと私に伝えなくてもよくないか?と気づいたわけです。私が母親のことをあまりよく思っていないことは妹も知ってるはず。わざわざ嫌な情報を教えてこなくてもいいのに。妹は妹だから許せている部分があるんだろうけど、妹は母親と似ている。妹も母親も人の感情を汲み取ったりする能力に乏しいんだと思う。そういうところがとても嫌いだ。妹だから許せているんだろうけど、妹じゃなくて姉だったら全然許せていないんだろうな。

こうやって家族に対する嫌悪感を高めている一方で、家族に囚われすぎているとも感じる。いい大人なんだから、家族とはいえ他人のことを考えすぎる(気にしすぎる)必要もない。気にし過ぎなのは親離れできていない、私自身がまだまだ子供なところがあるんだろうなとも思う。こうやって自分にも非があるな、と大抵の嫌なことに対して考えてしまうのだが、こうやって考えず嫌なことや嫌な人に対してだけ怒れたらもう少し気が楽なのかもしれないな、と感じる。そういう人がある意味で羨ましい。

眠れない夜、人に言えないことを書く

最近睡眠サイクルが乱れに乱れまくっており困っています。

昼寝しちゃったり夜遅くまで遊んでたりで夜寝られないのはいいんだけど(本当はよくないけど)、特になにもないのに寝られないのは辛いですね。今がそれで、睡眠に向き合わなくてもいいかと思って起き上がって机に向かってるわけです。

 

これが私自身を指していたのか、私のとある性質を指していたのかわからないのですが、最近「あなたは思いつめすぎ」と言われました。私そのものをさらけ出していたつもりはなかったので「そうなのか」と思った反面、私を見て言ってる言葉だったので「そうなのか」と思いました。

自分が悩んでいること、深刻であれば深刻であるほど人に言えないんだよなぁと気づきました。怒りで爆発しそうな時だけは母親に言ってるんだけど。(これは私の目指す「人に言う」という行為からは外れている。)

単純に相談できない、弱みを見せられない、本音を言えないタイプでもあると思うんですが、「他人は自分じゃないから100%気に障らないことを言わない人間はいない。言うのに努力して言ったのに気に障ること言われて後悔するなら言わないほうがいい」と考えてるなということに気づきました。地のつながった家族であれ、自分のことを理解していないわけですし。いやむしろ血のつながった家族はかなり私のことを理解してない部類なんですけどね。怒りで爆発しそうなときに母親に愚痴をこぼす際は返答を求めてないし海に向かって「バカヤロー!!」って叫ぶのと同レベルなんですよね。それでも多少スッキリするし、母親視点から考えれば普段寡黙な子供の愚痴を聞けていい経験になっていることでしょう。実際母親は「あの時こうだったよね~」とよく喋ってます。

 

もっと素直で生きやすい人間になりたかったものですね。

今悩んでいることをここに書こうとしたはずなのに結局書けずに終わっているし。

好きなものに慣れてしまうのはなんとも悲しいものだなと思う

最近は良さげな音楽を適当に聞いていたんですが、ちょっと気になってるアーティストのライブ配信が4/29まで無料公開されていることに気づいたんですよね。それで昨日はその配信を通しで流してました。

4時間位のライブで、その中でとある曲が始まった瞬間からめちゃくちゃ好きだなと思った曲があって、サビまで来る頃には鳥肌が立つくらいだった。とにかく好きだ!この曲購入しよう!!と思ったんですよね。他にもいいなって思う曲はいっぱいあったけど、上で挙げた曲がダントツで一番好きだったな~!って、ライブ配信を全部見た後も思っていた。今思えばちゃんとタイトルを控えておけば良かったんだけど、一番好きだなと思った曲がどれだったかわからなかった。そこで配信をもう1回見返してみたんだけど、驚くことに見返してみてもわからなかった。

色んな曲を好きになってしまったからわからなくなっちゃったのかなとも思うのだが、これって多分慣れてしまったんだろうなと思った。多分これかなという曲は見つけた。最初に聞いたときと同じくらいずっと感動していたい。すごく悲しくなった。音楽じゃなくて食べ物とかでも同じようなことあるよな~と、ふと思い出した。初めてみかん大福を食べたとき、空腹だったせいもあるかもしれないけど、あまりのみかんのジューシーさと白あんと求肥との相性の良さに驚いたし毎日食べたいと思った。翌週買ったらもちろんおいしかったのだが初めて食べたときほどではなかった。こういうときって初めて摂取したときの感動がすごいから自分の中で過度に期待してしまっているのかもしれないけど、ずっと感動していたいな。初めて摂取したときと同じ気持ちになりたいな。

3回目にみかん大福を食べたときは1日何も食べないでいてから食べた。その時は2回目よりおいしかったけど1回目には負けてたな。

 

こういうことって大人になってから感じるようになった気がする。気がするだけかもしれないけど。昔は好きな音楽はずっと好きだなって思っていた。何が違うんだろうな。